喜多川 泰さんの講演会に参加してきました

先日、名古屋のウインク愛知で、喜多川先生の講演がありました。主催は、私も会員になっている「読書普及協会」チーム愛知です。ちょうど去年も2月12日、今年も2月12日という、御縁のある日時となりました。
聡明舎という塾の経営者であり、作家である先生の著書は、多くの人の心をあたたかくして、勇気を与えてくれます。

  • 福に憑かれた男
  • 「また、必ず会おう」と誰もが言った
  • 手紙屋
  • 上京物語
  • 君と会えたから            ・・・等々

私なりに本を読んできた中でも、本当に心に残る素晴らしい内容のものばかりです。
先生は「一冊の本との出会いで人生は変わる」、とお話しされます。本当にその通りだと思います。子供達に強い心や思いやりをもってもらう様々なヒントが、このシリーズに多くあって、私自身もこの一年で自分の子供をはじめ、多くの方に先生の本をプレゼントしました。
「希望の種」を蒔いて生きたいと思っている方々、是非、読まれてみてはどうでしょうか。

 

2012年02月15日
カテゴリ│ビジネスコラム
タグ│

▲このページの先頭へ

WP SlimStat