小さな実践の一歩から
鍵山秀三郎

 イエローハットの創業者の鍵山さんの本です。誰もがやろうと思えば簡単にできる小さな積み重ねを40年以上、継続されて会社を運営されてきた著者の考え方に触れることのできる貴重な一冊です。掃除を社長自身が長期間、毎日、実践されて社員の方々と繋がっていくプロセスの中、上からの目線ではなく、下からの目線で多くの物事を太極的に見られていく姿、とても共感しました。中にあるフレーズで「豊かな日本にいま欠けているのは、思いやり、譲り合い、感謝の心です。」「この日本を良くするのは、一人ひとりの生き方です。」等、とても、今の私達に欠けてしまっている言葉が心に響きます。経営者の方だけでなく、様々な人間関係(男女、親子、友人等)を改めて見つめなおしたいとの思いを持っている方々にも、持って来いの名著と思います。


感動は心の扉を開く
椋 鳩十

 どんな人にも、素晴らしい個性がある。人というのは、子供の頃より周囲の大人(特に親)、そして友人などからレッテルを貼られて自信を無くして生活しているケースが多いようです。その様な、環境で生きている人々は、一冊の本を親に読んでもらう、または、自分自身が読書をすることで、心の中に感動をもらい豊かな人生を築く、きっかけになるということが、とてもわかりやすく書いてある著書です。本には、様々な人々の経験や生き方が書いてあります。私も、学校の成績は決して良いとは言えない状態、そして親の家業の倒産と貧困で、レッテル人生だと感じていました。そんな中、松下幸之助さんの書かれた本を読んで、心に衝撃を受け、自分が変わることができました。良い本は心に栄養を与え感動を与える原点が、解き明かされます。


30代にしておきたい17のこと
本田健

 私達夫婦の心と感情のメンターである本田健さんの最新の著書です。私も、25齢で独立し、29齢、31齢で長女、長男を授かり40代後半の人生を歩んでいますが、過去を振り返り、これからの人生を歩んでいく上で、ビジネスそしてパートナーシップと向き合う上で、真底、参考に出来る内容がここにあります。30代というと社会に羽ばたいて10年前後の経過になるのではないかと思いますが、これから未来を創造していく方々は、もとより、これからの人生を充実させて、幸せなライフスタイルを向かえていこうと心より決めている方々には、是非、一読していただきたい一冊です。今年で48齢を向かえますが、今の立ち位置から、この本を読んで振り返ってみると人生で良かった事、反省する事、懐かしく感じます。なお、前篇の「20代でしておきたい17のこと」もオススメですよ


社長さん銀行員の言うことをハイハイ聞いていたらあなたの会社、潰されますよ!
篠崎啓嗣

 事業を展開、存続する中で、資金を潤滑に回していくために、小さな事業者が銀行とお付き合いしていくことは、切っても切り離せない課題だと思います。私自身も、様々な事業を行ってきた中、融資を受けて、多くの銀行員とおつきあいして参りましたが、今思うと結構、相手の言いなりになって「損をしたなー。」と思うことが多々あります。その様な思いをすることを、少なくするためには、やはり、勉強しなければなりません。この本には、銀行という金融機関とのつきあい方、手の内が、著者の元銀行員という立位置から詳しく書いてあります。小さな事業者、経営者の皆様、この本でしっかり知恵をつけて、順調に事業、会社が進むよう財務対策をしていきましょう。


小さな会社☆儲けのルール
竹田陽一 ・ 柏野克己

 私のビジネスのメンターである竹田先生と柏野さん共著の本です。小さな事業を運営する経営者の方には、必ず、お読みになっていただきたい一冊です。本屋さんのビジネスコーナーには、多くのマーケティングについて書かれた本が数多く置いてありますが、そのほとんどが大企業の戦略経営(強者の戦略)用に書かれたものです。私共の様な、小さな自営業者、経営者は、小企業の戦略経営(弱者の戦略)で展開しなければなりません。では、どのようにしたらよいか? その経営原則、事例が事細かく、わかりやすく書いてあります。貴重な著書です。私も4年前にランチェスター経営を書店で、初めて知って本格的に、実践プロ社長塾で学び始めて、紹介していただいた目から鱗が落ちた名著です。


「ビジネスコラム」にて時々おすすめの本を紹介します »



▲このページの先頭へ

WP SlimStat